【2022年最新】カプセル式コーヒーメーカー(マシン)を比較!おすすめはどれ?

コーヒーマシンを手軽なカプセル式のものにしたい!
でも種類がたくさんあって迷うよ〜。
おすすめを教えてほしいな。

最近流行りのカプセル式コーヒーマシンですが、たくさんあってどれを買えばいいのか正直わからないですよね。

2022年現在、おすすめのカプセル式コーヒーマシンは以下の4種類です。

  • ドルチェグスト
  • ネスプレッソ
  • ドリップポッド
  • キューリグ

結論から言うと、1番人気でおすすめなのはドルチェグストです。
万人受けするタイプのカプセル式コーヒーマシンとなっています。

今回はおすすめ4種類のカプセル式コーヒーマシンの違いを調べてまとめました!
それではみていきましょう!

この記事でわかること

  • カプセル式コーヒーメーカーそれぞれの違いを比較
  • ドルチェグストの特徴
  • ネスプレッソの特徴
  • ドリップポッドの特徴
  • キューリグの特徴
目次

おすすめ4種類の比較

スクロールできます
ドルチェグストネスプレッソドリップポッドキューリグ
カプセルの単価
(1杯あたりの価格)
61円〜92円〜71円〜91円〜
コーヒー以外
のカプセル
・キャラメルマキアート
・カフェラテ
・ラテマキアート
・カプチーノ
・抹茶ラテ
・カフェオレ
・フラットホワイト
・オーツラテ
・アーモンドラテ
・チョコチーノ
・ミルクティー
・宇治抹茶
なし
※ネスレの純正以外だと、紅茶や煎茶などもあり。
・焙じ茶
・紅茶
・ジャスミン茶
・煎茶
・シャルドネダージリン
・中村茶
・宇治抹茶入り煎茶
・宇治ほうじ茶
・リプトンイエローラベル
・抹茶入り緑茶
・ジャスミン茶
レギュラータイプ(粉)との併用
マシン本体価格ピッコロXS:
5980円

ジェニオアイ:
14800円

エスペルタ:
19800円

ジェニオエス:
21780円
オリジナル:
13200円〜45100円

ヴァーチュオ:
20900円~27500円
DP3:
13200円

DP2:
9900円
14850円
(スターターセット)

1番のおすすめはドルチェグスト!

以下の観点から、おすすめ1位はネスレのドルチェグストです。

  • ランニングコストが安い
  • クオリティがかなり高く美味しい
  • コーヒー以外のメニューも豊富
  • レギュラータイプ(粉)との併用も可能
    ※非純正フィルターの別途購入が必要
¥9,794 (2023/09/30 17:15時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

ネスレ・ドルチェグスト

ランニングコストが安い・コスパ最高

1杯あたり約61円〜。
カプセル式コーヒーマシンの中ではランニングコストが最安!

スタバのカプセルあり

スタバとのコラボカプセル一覧
  • サニーデイブレンド
  • アイスアメリカーノ
  • ハウスブレンド
  • ライトノートブレンド
  • パイクプレイスロースト
  • コロンビア
  • キャラメルマキアート
  • カフェラテ
  • ラテマキアート
  • カプチーノ
  • 抹茶ラテ
出典: ネスレ

コーヒー以外の種類が多い

ドルチェグストはコーヒー以外にも、カフェメニューが充実しているのが特徴!

  • キャラメルマキアート
  • カフェラテ
  • ラテマキアート
  • カプチーノ
  • 抹茶ラテ
  • カフェオレ
  • フラットホワイト
  • オーツラテ
  • アーモンドラテ
  • チョコチーノ
  • ミルクティー
  • 宇治抹茶

コーヒーが飲めない方でも楽しめるので、ご家族で使う場合には特におすすめです。

デザインがおしゃれ

モデルによってデザインが異なる!
特にエスペルタのデザインは近未来的なデザインでおしゃれ。

ジェニオエスプラス

最新モデル!
エスプレッソブースト(蒸らす工程)搭載モデル

¥9,794 (2023/09/30 17:16時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

ジェニオエス

最上位モデル!
ハンドドリップモード(じっくり抽出)搭載モデル。

¥17,820 (2023/09/30 17:20時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

ジェニオアイ

コスパがいい!
筆者も愛用中

¥14,200 (2023/09/30 17:20時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

マシンそれぞれの違いの詳細はこちらの記事をご覧ください。

ネスプレッソ

  • エスプレッソの種類がかなり多い
  • マシンによってデザイン・機能が大きく異なる
  • レギュラータイプ(粉)との併用も可能
    ※非純正フィルターの別途購入が必要

エスプレッソの種類がかなり多い

ネスプレッソはエスプレッソに特化しており、その種類の数はなんとオリジナル40種類・ヴァーチュオ38種類もあります。

なにやら耳馴染みがなく、何かの呪文のように聞こえる名前の種類もありますね。

オリジナル→40種類
(タップしてみてね)

ワールド・エクスプロレーションズ(9種類)

  • リオデジャネイロ・エスプレッソ
  • イスタンブール・エスプレッソ
  • パリス・エスプレッソ
  • トウキョウ・ヴィヴァルト・ルンゴ
  • ブエノスアイレス・ルンゴ
  • シャンハイ・ルンゴ
  • ヴィエナ・リニツィオ・ルンゴ
  • ストックホルム・フォルティシオ・ルンゴ
  • ケープタウン・エンヴィヴォ・ルンゴ

イスピラツィオーネ・イタリアーナ(9種類)

  • イスピラツィオーネ・ナポリ
  • イスピラツィオーネ・パレルモ・カザール
  • イスピラツィオーネ・リストレット・イタリアーノ
  • イスピラツィオーネ・フィレンツェ・アルペジオ
  • イスピラツィオーネ・ローマ
  • イスピラツィオーネ・ヴェネツィア
  • イスピラツィオーネ・ジェノヴァ・リヴァント
  • イスピラツィオーネ・リストレット・イタリアーノ・デカフェ
  • イスピラツィオーネ・フィレンツェ・アルペジオ・デカフェ

バリスタ・クリエーションズ(10種類)

  • リミーニャ・オーバー・アイス
  • ココナッツ・フレーバー・オーバー・アイス
  • フレッド・デリカート
  • フレッド・インテンソ
  • バニラ・エクレア
  • キャラメル・クレームブリュレ
  • ココア・トリュフ
  • キアロ
  • スクーロ
  • コルト

マスターオリジンズ(6種類)

  • パプアニューギニア
  • インド
  • インドネシア
  • コロンビア
  • ニカラグア
  • エチオピア

リヴァイヴィング・オリジンズ(2種類)

  • カフェシート・デ・キューバ
  • アマハ・アウェ・ウガンダ

エスプレッソ(4種類)

  • カプリチオ
  • ヴォリュート
  • コズイー
  • ヴォリュート・デカフェ
ヴァーチュオ→38種類
(タップしてみてね)

クラフトブリュー(2種類)

  • カラフェ・プアオーバー・スタイル
  • カラフェ・プアオーバー・スタイル・マイルド

バリスタ・クリエーションズ(9種類)

  • エキゾチック・リミーニャ・オーバー・アイス
  • トロピカル・ココナッツ・フレーバー・オーバー・アイス
  • アイス・フォルテ
  • アイス・レジェロ
  • ビアンコ・フォルテ
  • ビアンコ・レジェロ
  • キャラメル・クッキー
  • バニラ・カスタードパイ
  • ヘーゼリーノ・マフィン

コーヒー(17種類)

  • アマハ・アウェ・ウガンダ
  • パプアニューギニア
  • インテンソ
  • ストーミオ
  • オダーチオ
  • メロツィオ
  • メロツィオ・デカフェ
  • ハーフ・カフェナート
  • ソレリオ
  • フォルタード
  • フォルタード・デカフェ
  • アロンディオ
  • イニツィオ
  • メキシコ
  • コロンビア
  • コスタリカ
  • エチオピア

エスプレッソ(10種類)

  • ダブル・エスプレッソ・スクーロ
  • ダブル・エスプレッソ・キアロ
  • ダブル・エスプレッソ・ドルチェ
  • イル・カフェ
  • ディアヴォリート
  • アルティシオ
  • アルティシオ・デカフェ
  • オラーフィオ
  • トッカント
  • ヴォルテッソ

マシンによってデザイン・機能が大きく異なる

ネスプレッソはオリジナル、ヴァーチュオともにさまざまな種類があります。

どのモデルも個性的で、デザインや機能が大きく異なるのが特徴です。

↓オリジナル

ヴァーチュオ

マシンの違いや詳細についてはこちらからご覧ください。



UCC・ドリップポッド

  • カプセルと粉の両方に対応
  • いろんな産地から選べる
  • 「定期便」に加入で、マシンが実質無料orお得に買える

カプセルと粉の両方に対応

マシンに同梱されている純正フィルターを使用することで、
レギュラーコーヒー(粉)の抽出が可能に!

専用フィルターに粉を詰める手間はありますが、市販のコーヒーを手軽に飲めるのは嬉しいですね。
※ただしDP1(古い機種)はドリップポッド抽出専用機なので、粉は抽出不可です。

いろんな産地から選べる

ドリップポッドのカプセルの種類は以下の通り。
ネスプレッソほどではないですが、さまざまな産地のコーヒーを楽しむことができます。

  • リッチブレンド
  • スペシャルブレンド
  • ハワイコナブレンド
  • ブルーマウンテンブレンド
  • グァテマラ&コロンビア
  • マンデリン&ブラジル
  • モカ&キリマンジャロ
  • 有機栽培コロンビア
  • 炭焼珈琲
  • カフェインレスコーヒー
  • アイスコーヒー
  • アールグレイ紅茶
  • ジャスミン茶
  • 深蒸し静岡煎茶
  • 静岡まろみ焙じ茶
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

キューリグ

  • アメリカでシェアNo.1
  • コーヒー以外のカプセルも充実
  • 人気カフェとのコラボカプセルも多い
  • 定期便に申し込むとマシン無料レンタルorお得に買える

アメリカでシェアNo.1

キューリグはアメリカでシェアNo.1のカプセル式コーヒーメーカー

コーヒー以外のカプセルも充実

コーヒー以外のメニューは具体的には以下の通り。

  • シャルドネダージリン(アフタヌーンティー)
  • 中村茶(中村藤吉本店)
  • 宇治抹茶入り煎茶(辻利)
  • 宇治ほうじ茶(辻利)
  • イエローラベル(リプトン)
  • 抹茶入り緑茶(キューリグオリジナル)
  • ジャスミン茶(キューリグオリジナル)

コーヒーが飲めない方でも楽しむことができますね。

人気カフェとのコラボカプセルが多い

コラボしている店舗・ブランドは具体的には以下の通り。

  • 上島珈琲店
  • すなば珈琲
  • AMAZING COFFEE
  • 小川珈琲
  • 丸山珈琲
  • アフタヌーンティー
  • 中村藤吉本店
  • 辻利
  • Scrop
  • 英國屋
  • タニタコーヒー
  • セガフレード・ザネッティ
  • プロント
  • カフェ・ド・クリエ
  • トミヤコーヒー
  • サンマルクカフェ
  • ヒルス
  • カフェグレコ
  • リプトン

知っているカフェの名前がチラホラとあるんじゃないでしょうか!?
好きなカフェの味を自宅で楽しむことができますね。

気になる方はこちらからご覧ください。

まとめ

今回はカプセル式コーヒーメーカそれぞれの特徴をまとめ、違いを比較してみましたが、いかがでしたか?

具体的にまとめると以下の通りです。

ドルチェグストの特徴

  • 1杯あたり約61円〜
  • ランニングコストが安く、コスパ最強
  • スタバのカプセルあり
  • コーヒー以外のカプセルもかなり多い
  • デザインがおしゃれ

ネスプレッソの特徴

  • 1杯あたり約92円〜
  • エスプレッソの種類がかなり多い
  • マシンによってデザイン・機能が大きく異なる

マシンの違いや詳細はこちらからご覧ください。

ドリップポッドの特徴

  • 1杯あたり約71円〜
  • カプセルと粉の両方に対応
  • いろんな産地からコーヒーが選べる

キューリグの特徴

  • 1杯あたり約91円〜
  • アメリカでシェアNo.1のカプセル式コーヒーマシン
  • コーヒー以外のカプセルも充実
  • 人気カフェとのコラボカプセルが多い
  • 定額便に申し込むとマシン無料レンタルorお得に買える

個人的におすすめなのは、汎用性が高くランニングコストも安いドルチェグストです。
万人に自信を持ってオススメすることができます。

¥9,794 (2023/09/30 17:16時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

気に入ったカプセル式コーヒーマシンは見つかりましたか?

以上、参考になれば幸いです。
最後までご精読いただき、ありがとうございました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次