バルミューダにも劣らない!ドリップコーヒーにおすすめな電気ケトル

自宅でドリップコーヒーを入れる際、じっくり丁寧に抽出しようとすると、注ぎ口の細いケトルが最適ですよね。
そこで最適になるのが、かの有名なバリュミューダの電気ケトルです。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

しかしこのバルミューダの電気ケトル、お値段が少しお高めです。

そこで、筆者は「バルミューダ」というネームバリューにこだわらず、「使用感は変わらず、見た目も似ている」という電気ケトルを購入しました。

それが「アイリスオーヤマIKE-C600T」という電気ケトルです。
今回はバルミューダとの比較も交えつつ、アイリスオーヤマIKE-C600Tのご紹介やレビューをしていきます!

目次

アイリスオーヤマIKE-C600T

筆者が今回購入したのは、アイリスオーヤマのIKE-C600Tというモデルです。

特徴は以下の通り。

  • 細口ノズル
  • 「沸騰」「コーヒー」「日本茶」の3つのモード
  • 保温ができる
  • 温度調整が可能

「細口ノズル」+「温度調整が可能」という優れものです。
外観もバルミューダのようにおしゃれ✨

容器内側に目盛りアリ

容量は最大0.6L、最小0.3Lでした。

使ってみた感想

  • 細口ノズルでドリップコーヒーを淹れやすい
  • 温度調整できるのが嬉しい
  • タッチパネルがかっこいい
  • 音がちょっと気になる

細口ノズルでドリップコーヒーを淹れやすい

ノズルが細口なので、ドリップコーヒーを入れるのに必要な、お湯の細かいコントロールができるようになりました!

筆者

今までの電気ケトルは、抽出口が極太のものを使っていたのもあって、かなり注ぎやすくなり一層感動しました。

細口だから、「カップラーメンみたいにお湯を大量に使うときは遅くてイライラするのかな?」と思っていましたが、そんなことはなくストレスフリーです。

温度調整できるのが嬉しい

各モードの温度は以下のように設定されています。

  • 沸騰  → 100℃
  • コーヒー→ 90℃
  • 日本茶 → 70℃

日本茶も70℃に設定してくれるので、猫舌の筆者にとってはかなり嬉しいです🥰

沸騰(100℃)とコーヒー(90℃)では、どちらも熱すぎて体感温度の違いがよくわかりませんが、きっと最適な温度になっていることでしょう♪

タッチパネルがかっこいい

操作パネルは、ボタンではなくタッチパネルになっています。
触れただけで反応するので、力は全く必要ないです。

表示も青白く光っているので、スタイリッシュでかっこいいですね。

音がちょっと気になる

タッチパネルを操作したり、お湯が沸いたりするたびに、「ピッ!」と大きめな音がします。

神経質な人ならちょっと気になるかな🤔
気にならない人は全然気にならないと思います。

バルミューダの電気ケトルとの比較

バルミューダは温度設定ができない!

お湯の温度によってコーヒーの味は大きく変化します。
理想的なコーヒーの抽出温度は80℃〜95℃です。

バルミューダの電気ケトルは「沸騰」メニューしかないので、コーヒー抽出に関してはアイリスオーヤマの方に軍配が上がります。

価格もバルミューダより安い!

バルミューダが13200円以上するのに対して、アイリスオーヤマは6620円と、約半額で購入することができます。価格は2022年8月調べ。

筆者

スペックも優れているのに、価格もかなり安いので、アイリスオーヤマさんの企業努力が伺えますね。

まとめ

今回は「アイリスオーヤマIKE-C600T」という電気ケトルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

細口ノズルで温度調整も可能なので、ドリップコーヒーを淹れるのに最適な電気ケトルです。

個人的にはバルミューダの電気ケトルよりも機能的に優れているのに、バルミューダの半額程度で購入できるのはかなりお得だと感じています。
気になる方は是非購入されてみてはいかがでしょうか。

以上、参考になれば幸いです。
最後までご精読いただきありがとうございました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次