買ってよかった!ネスカフェドルチェグストを使うメリット・デメリット

ドルチェグストっていうコーヒマシン、実際どうなんだろう?
実際に使っている人から使ってみた感想やメリットやデメリット等を教えてほしい!

以前、筆者はドルチェグストジェニオアイというモデルを購入しました。

本記事では実際にネスカフェドルチェグストを使ってみた結果、
見えてきたメリット・デメリットをまとめていきます。

結論からまとめると以下の通りです。

ドルチェグストのメリット

  • 誰でも簡単に美味しいコーヒーが作れる
  • コーヒーのクオリティがかなり高い
  • カプセルの種類が多く、飽きることがない
  • 水量調節ができる
  • アプリを使うと温度調節ができる&ポイントが貯まる
  • お手入れが楽
  • マシンが無料で使えるレンタルサービスあり

ドルチェグストのデメリット

  • コストが高くつく
  • 1杯ごとにカプセルをセット&捨てる手間がかかる
筆者

それでは順番に見ていきましょう!

¥11,850 (2023/05/15 21:23時点 | Amazon調べ)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazon
目次

メリット

誰でも美味しく簡単にできる

コーヒーを作る手順は以下の通りです。

  1. タンクに水を入れ、
  2. カプセルをセットし、
  3. ボタンを押す(レバーを引く)

粉の量を測ったり、自分でドリップしたりすることはないので失敗することなく誰でも簡単に作ることができます。

コーヒーのクオリティがかなり高い

簡単にできる割にはそのクオリティはかなり高いです。

筆者

本当に美味しすぎ!
美味しいコーヒーを求めてカフェやコンビニに行くことは無くなりました笑

スターバックスコーヒーともコラボしているので、その美味しさが保証されているということが分かりますね。

突然の来客者等に出しても全く恥ずかしくない、むしろ喜んでもらえます。
スタバのカプセルなら尚更喜んでもらえますね。

カプセルの種類が多く飽きることがない

カプセルの種類はなんと数十種類もあります!
コーヒーだけで10種類くらいあってどれにしようか迷うレベルです。

ネスレ

これだけあれば日によってテイストを変えたいというコーヒー好きの方も大満足!

コーヒーだけでなく甘いものやラテ系も充実しています。
コーヒーが飲めない家族がいる方にも自信を持って勧めることができます。

水量調節ができる

カプセルの量に対して水の量を多くしたり少なくしたりすることで、味の濃さを自分でカスタマイズすることができます。
濃い目が好きな人は水の量を少なめにし、薄めが好きな人は水の量を多くすればいいですね。

おすすめの水の量はカプセルに書いてある&簡単に調節できるので安心!

アプリを使うと温度調節ができる&ポイントが貯まる

Bluetooth接続ができるマシン(ジェニオエス、ジェニオアイ、エスペルタ)であれば、スマホ等からマシンを操作することができます。
アプリでコーヒーの抽出量の設定・温度の設定をすることができます。

さらにアプリを入れているとネスカフェポイントを貯めることができます。
ポイントは以下の画像のように貯めることができます。

出典: ネスレ

このポイントを貯めることでさまざまな賞品と交換することができます。詳しくはこちらから。
コーヒーを飲んでいるだけで自然とポイントが溜まっていくので本当におすすめです!!!

お手入れが楽

取扱説明書によると、毎日のお手入れが必要なパーツは、給水タンク抽出トレイ・抽出グリッドカプセルホルダーの3点です。

お手入れの仕方は水道水で洗浄することです。パーツの形状もシンプルだし、水で流すだけなので簡単ですね。

筆者

そんなに汚れる部分ではないので、
別に毎日洗わなくてもいいんじゃないかなーと個人的には思ってます...笑

あとは汚れた時や週一くらいの頻度ですすぎをするくらいですね。このすすぎ作業もボタンを押すだけなので簡単にできますよ♪

マシンが無料で使えるレンタルサービスあり

カプセル定期お届け便に申し込むとマシンをレンタルすることができます。

カプセル定期お届け便の条件

  • 3ヶ月ごとに6箱以上注文すること
  • 3回は継続すること
    →最短でも約9ヶ月間は解約できない
  • 解約時のマシン返却送料は自己負担
    →2000円くらい

カプセル定期お届け便のメリット

  • カプセル代が最大15%OFF!
  • カプセル種類が選び放題
    →スーパーなどの実店舗では欲しいカプセルがないこともしばしば。
  • お届け送料が無料
  • お届け日の変更可能・買い忘れがなくなる

デメリット

コストが高くつく

これが1番のデメリットですよね。

カプセルは安いもの(コーヒー)でだいたい1杯あたり70円くらいで、高いもの(ラテ系)だと100円以上します。スタバの抹茶ラテにいたっては200円以上するものもあります・・・。
決して安いとは言いきれませんが、美味しさ・クオリティ・手軽さはコスト以上のものがあります。

でも毎日カフェに行ったりコンビニでコーヒーを買っている方であれば、ドルチェグストに変えた方が安上がりになるかも!?

一杯ごとにカプセルをセット&捨てる手間がかかる

カプセルは1回につき1杯分しか抽出できません。
ということは1杯抽出したらそのカプセルは捨てて、次のカプセルをセットし直さないといけないということです。

ネスカフェバリスタは連続で抽出できる(粉がストックされていれば)のに対して、
ネスカフェドルチェグストは1杯ごとに人の手が介在するので手間がかかりますね。

まあ使用済みカプセルは汚れていないので捨てるのも楽チンだし、セットするのも楽チンです。
使用済みカプセル入れも付属品で最初からついているのでまとめて捨てられます!

なのでそこまでデメリットではないかも🤔

まとめ

¥11,850 (2023/05/15 21:23時点 | Amazon調べ)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazon

ネスカフェドルチェグストを使用してみた上で感じたメリット・デメリットをご紹介しました。

メリットの方が多いように感じますが、デメリットの「コストが高い」という部分が非常に重いですね笑
安くはない(1杯あたり約70円〜)ですが美味しさや手間などを考えると、それに見合う価値は十分あると個人的に感じております。

筆者

かなり美味しいしお手軽なので、コストはまあこんなもんかな〜
カフェやコンビニよりも安いし!

以上、参考になったら幸いです。
最後までご精読いただきありがとうございます!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次