【ドルチェグスト】レギュラーブレンドの量は?アイスコーヒーにできる?

ドルチェグストのレギュラーブレンドってどのくらいの量なんだろう?
ひと箱あたり何杯入ってるの?
1杯あたりどれくらいの量があるの?

ドルチェグストでブラックコーヒーを飲もうとすると何種類ものカプセルがあって悩みますよね。

「レギュラーブレンド」はレギュラーと言いつつも、他のカプセルと比較して1杯あたりの量がかなり少なめで濃いめの味わいになっています。
エスプレッソほどではないですが、エスプレッソとブラックコーヒーの中間といったところでしょうか。

そこで今回の記事では、レギュラーブレンドの量について解説していきます。
またアイスコーヒーにできるのかも試してみたのでご紹介していきます。

目次

レギュラーブレンドの量は少ない?

ひと箱あたり

ひと箱あたり16杯!

ひと箱あたりのカプセル数は16杯で一般的です。

筆者

ドルチェグストではブラックコーヒーのカプセル数はだいたい16杯で、スタバのブラックコーヒーのカプセル数はだいたい12杯!

さらにレギュラーブレンドとリッチブレンドには30杯入りの箱も販売されています♪

\最大8%ポイントアップ!/
Amazon

1杯あたり

1杯あたり120ml

レギュラーブレンドは1杯あたりの目盛りは4で、120mlです。

他のカプセルに比べて、量が少ないためコーヒーの味は濃いめになっています。

他のブラックコーヒーとの比較は以下の通りです♪

1杯あたりの量1箱あたりの杯数
レギュラーブレンド120 ml16
リッチブレンド230 ml16
オリジナルブレンド230 ml16
モカブレンド230 ml16
レギュラーブレンド
カフェインレス
120 ml16
ローストブレンド120 ml16
エスプレッソインテンソ50 ml16
スタバ ハウスブレンド230 ml12
スタバ ライトノートブレンド230 ml12
スタバ パイクプレイスロースト120 ml12
コロンビア30 ml12

エスプレッソインテンソやコロンビアなどのエスプレッソは除くと、レギュラーブレンドはブラックコーヒーの中では量が少ない部類ですね。

「濃いめのコーヒーが好きだけど、エスプレッソは濃すぎる」という方にはピッタリではないでしょうか。

アイスコーヒーにできる?

冬に買っておいたレギュラーブレンドの賞味期限が切れそう。もう夏なのに・・・

余ったレギュラーブレンドを消費したいけど、暑いからアイスコーヒーが飲みたいという方もいらっしゃるかと思います。

そこでレギュラーブレンドをアイスコーヒーにできるか試してみましょう。

グラスにいっぱいの氷を入れて抽出してみました。

アイスコーヒーになりましたが、味は薄めです。
かなり飲みやすくごくごく飲めるので、暑い夏にはぴったりです♪

「濃いめのアイスコーヒーが飲みたい!」という方は、抽出量を少なめ(目盛り2か3)にすると美味しいアイスコーヒーを作ることができます。

あくまで「余ったレギュラーブレンドをアイスコーヒーにして飲む方法」なので、アイスコーヒーが飲みたい方はアイスコーヒーカプセルを買うのがいいですね。

まとめ

今回はレギュラーブレンドの量について解説しました。

レギュラーブレンドは他のカプセルと比較して、1杯あたりの量が少なめとなっています。

レギュラーブレンドの量は120ml(目盛り4)
他のブラックコーヒーの量は230ml(目盛り7)

1杯あたりの量が少ないため、かなり濃いめの味わいとなっています。

筆者

味わいはブラックコーヒーとエスプレッソのちょうど中間といったところでしょうか。

「濃いめのコーヒーが好き!」という方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

\最大8%ポイントアップ!/
Amazon

またアイスコーヒーにもできるため、気分によって使い分けることもできますね。

以上、参考になれば幸いです。
最後までご精読いただきありがとうございました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次